脱毛 おすすめ

脱毛 おすすめ

脱毛効果の高い医療脱毛で人気の脱毛部位ランキング

読了までの目安時間:約 4分

医療脱毛とエステサロンの脱毛は違う!医療脱毛は永久脱毛ができる!

永久脱毛ができるのは、医療クリニックや皮膚科などが行う医療脱毛だけ!

永久脱毛は医療行為にあたるため医療機関でしか行ってはならないこととになっています。永久脱毛は法律で定められた医療行為です。医師法第17条の医業に該当するため、医師以外の方が行うと医師法違反になるんです。

 

女性にとってムダ毛処理は悩みの尽きないものです。ムダ毛処理をする手間をできるだけ減らして肌へのダメージを減らしたい、できれば効果の高い永久脱毛をしたいという方も多くいます。最近では、医療脱毛も低コスト化が進み以前に比べリーズナブルになってきているものの、まだ医療脱毛は脱毛サロンなどと比較すると、料金も高く医療脱毛で全身脱毛はちょっと敷居が高いと感じる方も多くいます。

 

 

医療脱毛で人気の脱毛部位ランキング

 

■ワキ(脇)

やはり、ワキは脱毛部位の人気箇所。ワキはほぼすべての女性が脱毛するといっても良い箇所です。ワキのムダ毛処理を完璧にしようと思うと大変で、自己処理だと結局また生えてくるし、毛穴が鳥肌のようにボコボコになってしまったりしてキレイにするのは結構大変です。さらに、周りにワキ毛が生えているのを見られるととても恥ずかしく気になる部位です。

 

脱毛を行う方の中でもまずはワキからということ多いそうです。最近では医療脱毛の医療クリニックなどでもよくキャンペーンを行っており、ワキについてはお試し価格で脱毛を実践できたりと取り組みやすい部位でもあります。

 

■ひざ下

ひざ下は服装によって良く露出部位であるため脱毛する個所としては人気の高い部位です。男性もスカートやショートパンツなどを履いている女性をみると目ががちです。

 

また、ひざ下ののムダ毛は、他の部位と比較するとわりと太く長く目立ちやすいところ。医療脱毛などでキレイにして生脚に自信が持ちたいなんて人も多いようです。

■VIO(デリケートゾーン)

VIOについては、事前は取り扱っていない医療クリニックや脱毛サロンが多かったのですが、最近では多くの店が取り組んでいます。芸能人や海外セレブなどがVIO処理をしていることを公表している人が増え、20代の若い人を中心に年々VIOのムダ毛処理が浸透してきています。

 

しかし、VIOはデリケートな部分であるため自己処理が難しく、トラブルが起こることもあります。また、どのように脱毛するのかといった形も重要な要素でるため、プロに任せるのが無難な部位で、自己処理するより、安全にキレイにだつもうできるのでおすすめです。

脱毛 医療 レーザー種類

読了までの目安時間:約 3分

脱毛 医療 レーザー種類

医療脱毛で利用するレーザーには3種類のレーザーを使う方法があります。医療クリニックによってどの種類のものを利用しているか違いがあります。医療脱毛を行う際には、どの医療レーザーの機器が自分に合っているのか無料カウンセリングやお試しのキャンペーンなどを利用してチェックするといいかも。

 

 

★ダイオードレーザー★

メリット:様々な肌質の方に対応可能

デメリット:接触照射なのでジェルが必要

主な機種:ライトシェアデュエット・ソプラノ・メディオスターNeXT

 

ダイオードレーザーは、半導体を使ってメラニン色素に反応するレーザーを照射するタイプ。波長を高い節度で調整することが可能で、日焼けしている肌などにも利用できるといったメリットがあります。吸引式脱毛(ライトシェアデュエット)や蓄熱式脱毛(ソプラノ)、バルジ式脱毛(メディオスターNeXT)などの方式で脱毛を行うことでいた痛みを軽減しながら脱毛ができます。

 

 

★アレキサンドライトレーザー★

メリット:日本人の肌のメラニン量との相性がよい

デメリット:ジェルが不要

主な機種:ジェントルレーズ・ジェントルマックス・エリート+

 

アレキサンドライトレーザーはアレキサンドライトという鉱石を使用し冷却風や冷却ガスを皮膚に吹き付け、冷却しながらレーザーを照射するタイプ。その為、ジェルなどを利用しないのでジェルが苦手な方などにはおすすめです。アザやシミ取り、ニキビ痕改善などにも利用され美肌効果もある美肌治療に欠かせないレーザー。

 

 

★YAGレーザー★

メリット:やや肌が黒い人にも適応が可能

デメリット:他と比べ痛みが比較的強い

主な機種:ジェントルヤグ・ジェントルマックス・アリオン

 

アレキサンドライトレーザーなどはメラニンに反応してしまうため、肌の黒い人には使えない場合があります。しかし、YAGレーザーはやや肌が黒い人にも利用可能なレーザーで色素沈着の起こりやすい部位VIOなどにも利用されることが多いレーザー。また、剛毛、濃い毛にも効果的です。

 

その他、YAGレーザーとアレキサンドライトレーザーの特徴を合わせたようなGantle MAXレーザー(G-MAX)や施術時間が短く痛みが少ないライトシェア・デュエット、男性のヒゲ脱毛やVIO脱毛にりようされたりするロングパルスヤグレーザー等といった医療レーザーもあります。

 

 

 

脱毛 おすすめ 医療

読了までの目安時間:約 3分

 

脱毛 おすすめ 医療

永久脱毛なら医療脱毛がおすすめ!!

 

なぜならば、永久脱毛はを行えるのは皮膚科や医療脱毛クリニックなどの医師のいる医療脱毛のみ。永久脱毛は、医療行為であるため、医師以外が行った場合は法律違反なんです。

 

その為、家庭用脱毛器や脱毛エステサロンなどでは永久脱毛となる施術はできないことになります。脱毛効果の強い、医療レーザーや、絶縁針を使ったニードル脱毛は医療機関のみに認められている行為です。

 

現在では、一般的には医療レーザーによる脱毛が主流です。脱毛ヶ所によってはニードル脱毛を活用したりする場合もあります。

 

 

医療レーザーとサロンの光脱毛の違い

 

★こういった方には、永久脱毛の医療脱毛がおすすめ!!★

◎短期間で脱毛を完了させたい!
◎高い脱毛効果を得たい!
◎痛みを感じずに脱毛したい(麻酔が必要)

 

脱毛サロンで一般的に利用されている光脱毛(IPL脱毛やプラズマ脱毛など)と医療レーザーの基本的な違いは『出力、パワーの違い』です。

 

医療レーザーは強力なパワーの照射を行うことで毛包にある毛を再生させる幹細胞を破壊し永久的な脱毛・減耗を行うことが可能です。

 

これに対しサロンの光脱毛(IPL脱毛やプラズマ脱毛など)は、法律があるため永久脱毛効果が出るほどの出力を照射することができません。だた、施術を繰り返すことで言っての減耗効果を得ることができます。またメリットとしては、出力が引くいため痛みが少ないといったメリットがあります。

 

医療レーザーによる施術は一見料金的に高く見えますが、長期的な脱毛効果を得ることが出来き、且つ施術回数が少なくて済む、つまり脱毛完了期間が早くなるといったメリットがあります。1回の脱毛費用は高くつ場合が多いですが、脱毛完了までの費用を見るとメリットが出る場合があります。

 

医療レーザー扱うのは医師であり医療機関です。

その為、痛みが苦手な方には、麻酔を利用することが可能です。そして肌トラブルが起こった場合などにおいても医師による診断を即座に受けることが出来るのも安心のポイントです。

 

 

 

 

 

脱毛 おすすめ ランキング等
人気記事
カテゴリー
最近の投稿
銀座カラー キャンペーン中
最近のコメント
アーカイブ
タグ
メタ情報