脱毛 おすすめ

脱毛 おすすめ

糸脱毛のやり方、糸脱毛法メリット・デメリット。セルフケアで顔の産毛脱毛ができる

読了までの目安時間:約 5分

セルフケアで顔の産毛脱毛ができる脱毛法の糸脱毛!

顔に生えている産毛などのムダ毛処理はどうやって行っていますか?顔の産毛は生えてくると化粧のノリが悪くなったり、顔がワントーン暗く見えたりと結構気になるムダ毛の一つです。

 

最近ではエステサロンや脱毛クリニックなどでも、顔脱毛は多くの店が全身脱毛のプランに加えてきている人気の脱毛部位です。しかし、光脱毛やレーザー脱毛は毛の黒い色に光を反応させて毛根にダメージを与える仕組みであるため、色素が薄いうぶ毛には反応しにくく結果が出にくいことがあります。

 

顔は肌が敏感な部位です。その為、カミソリやシェイバーを利用して処理していると肌荒れ等のトラブルも心配です。また、これらの処理は頻繁に行う必要があり結構手間がかかります。

 

そんな顔の産毛を根元から抜き去ってしまう脱毛法があります。それが『糸脱毛』。メジャーな脱毛法ではないので、耳にしたこともない人もわりと多いかも。糸脱毛は顔の産毛や眉毛などの脱毛に最適でオススメの脱毛法です。もともと韓国や中国、台湾等のアジアで昔からある脱毛法なんだそうです。

 

糸脱毛とは、ねじった糸のねじりの部分を利用して産毛などの細い毛をねじれに絡めて抜き取る方法です。最近では糸脱毛の専門サロンなどもできてきているようです。そんな糸脱毛。方法はそれほど難しいというものではないため慣れればセルフケアで利用可能な方法です。

 

糸脱毛のやり方

糸脱毛に必要なものは、糸、そしてベビーパウダーがあればOK。糸を指で扱うため手袋があるとやりやすいです。また、脱毛後に肌を整えるために化粧水があればいいかなと思います。具体的な方法ですが、わかりやすい動画がありました。これを見るとどういった脱毛なのか糸脱毛のやり方がイメージしやすいです。

 

 

これは眉毛の糸脱毛のやり方動画でしたが、調べてみると結構いろいろな動画が紹介されています。

Yahoo!動画検索結果『糸脱毛』

 

顔全体を脱毛している動画があったのでこちらもわかりやすいです。

 

 

 

 

 

糸脱毛法のメリット・デメリット

糸脱毛のメリットは根元から抜き取るので、カミソリやシェイバーなどの剃るものに比べツルツル肌が長持ちし、処理の回数を減らすことができます。そしてカミソリなどに比べ肌が傷つくリスクが低くなります。

 

さらに、糸脱毛は脱毛以外のメリットも!それが美肌効果。糸脱毛はムダ毛を処理する以外にピーリング効果もあるため、古い角質や毛穴に詰まった汚れ、皮脂を取り除くことができます。これによりニキビなどが改善することも期待できます。そして糸でマッサージしているような効果があるため血行がよくなり、むくみやたるみの改善も期待できます。

 

★糸脱毛のメリット★

◎カミソリやシェイバーより脱毛効果が長持ち

◎ピーリング効果があり毛穴汚れの改善効果がみこめる

◎糸のマッサージ効果で血行が良くなる

 

 

糸脱毛のデメリットはというと、太い毛などは不向きで痛みが強くなってしまったりします。当然毛を抜くだけなので定期的に処理してあげる必要があります。糸で全体を処理していくため肌荒れやニキビなどがあると悪化させてしまう可能性があるため処理できないこともあります。

 

★糸脱毛のデメリット★

◎太い毛には不向き

◎肌荒れ、ニキビなどがあると刺激してしまい悪化することもある

◎定期的に処理する必要がある

 

 

 

 

 

 

脱毛時に痛みを軽減する方法は?

読了までの目安時間:約 5分

脱毛時に痛みを感じる原因

家庭用脱毛器や脱毛サロンなどでよく用いられているフラッシュ式の脱毛、そして医療クリニックなどで利用されるレーザー脱毛で脱毛を行うと、痛みがある。なぜ、痛みを感じるのか?

 

フラッシュ式もレーザー式もですが、黒い色素に光を照射して毛根にダメージ与え脱毛する方式です。脱毛時に痛みを感じるのは、毛根を破壊しようとする熱の力が皮膚伝わり痛みを感じます。熱なので熱いと感じるのでは?と思いますが、実際は一瞬の事なので熱を感じるというより、痛いといった感覚になるみたいです。

 

光のエネルギーは黒い色素(メラニン色素)に反応するため、肌の黒い人やVIOラインなど色素が濃い場合は痛みを感じやすい傾向にあります。脱毛時に感じる痛みは、肌の状態でも変化しますが、そもそも痛みの感じ方には個人差があるため痛みの程度は人によって変わります。

 

 

フラッシュ脱毛とレーザー脱毛痛いのはどっち?

フラッシュ脱毛は脱毛サロンなどが主に用いる脱毛方法です。それに対し、レーザー脱毛は医療クリニックなどの医療機関が用いる脱毛方法です。医療レーザーは永久脱毛ができるレベルの出力があり、フラッシュ脱毛より一般的に出力が強いものになります。その為、出力の強いレーザー脱毛の方が痛みが感じやすい傾向があります。

 

痛みを我慢できない人は、レーザー脱毛ではなくフラッシュ脱毛で脱毛を行うほうがいいかもしれません。しかし、レーザー脱毛の方が出力が高い分、脱毛効果も高いため、永久脱毛が可能であったり、施術回数が少なく済むなどのメリットもあります。痛みの感じ方は、施術部位によっても変わります。その為、部位によってフラッシュ脱毛とレーザー脱毛を使い分けるといた方法も良いかもしれません。

 

施術中にどうしても痛みが強く我慢できない場合は、スタッフに伝えて出力を調整してもらったり、無理をせずに日を改めて体調や肌の状態の良いときに施術を受けるといった対応も良いかと思います。でも、脱毛には毛周期に合わせて施術をするということも大切なため、医療機関であれば麻酔を利用し痛みを軽減するというのも一つの方法です。

 

 

脱毛時に痛みを軽減するには?

医療クリニックなどでの施術では、麻酔を使用することがあります。これは医療クリニックが医療機関であるためです。脱毛サロンなどは医療機関でないため麻酔を使用する事ができません。

 

医療クリニックや脱毛サロンでは、痛みを軽減させるために冷感ジェルなどを用いるところもあります。そもそも熱エネルギーが痛みの元であるため冷感ジェルは痛みを軽減するために役立ちます。

 

その他、脱毛前など自分で行うことができる痛み軽減方をいくつか紹介します。

 

 

 

①鎮静剤を飲む
脱毛施術前に鎮静剤を飲むことで痛みが軽減する場合があります。もし、鎮静剤を飲む場合は事前にスタッフと相談しておきましょう。

 

 

②保湿をしっかりと行う
肌が乾燥すると痛みを強く感じる傾向があります。その為、脱毛施術期間にはしっかりと保湿を行い、肌が乾燥しないようにケアしておきましょう。

 

 

③日焼け対策を行う
光はメラニン色素に反応します。脱毛期間は日焼けをあまりしないように肌の管理をしっかり行っておきましょう。日焼けをあまりしてしまうと施術できなくなることもありますよ。

 

 

④生理前、生理中は避けた方が良い
生理前や生理中は肌のバリア機能が低下しています。その為、普段より痛みを感じやすいです。この期間は避けて脱毛施術を行うようにしましょう。

 

 

⑤カフェインに要注意
カフェインを飲むと痛みを強く感じやすくなるそうです。施術当時にはカフェインは避けておいた方がいいかも。

 

脱毛施術前だけでなく、施術中には肌の管理をしっかり行うことが大切です。肌のコンディションが悪いと肌が敏感になり、痛みを感じやすくなります。脱毛施術中には肌の健康状態をよい状態に保つよう管理を行いましょう。また、脱毛施術後は肌トラブルを避けるためにも保湿ケアをしっかりと行っておきましょう。

 

 

 

 

 

キッズ脱毛 小学生の脱毛が増えている

読了までの目安時間:約 6分

キッズ脱毛が急増している!?

小学生ぐらいになると腕や脚、様々な部位でムダ毛が濃かったり、長かったり、多かったりと体毛を気にしてコンプレックスを持つお子さんがいます。小学生といえば、思春期にも入ってくるため男子の目も気になりだす年頃です。

 

また、親御さんもお子さんの体毛を気にしている事が多く悩んでいることが多くあります。そういった背景を受けて近年ではキッズ脱毛を行う脱毛サロンなども増えてきています。

 

どこの脱毛サロンでもキッズの脱毛を行っているわけではありませんが、脱毛サロンによっては3歳から行える脱毛サロンも出てきています。

 

キッズ脱毛が可能な脱毛サロン

子供のために作られた独自の脱毛法

【キッズ脱毛Dione】
 敏感肌専門 脱毛サロン ディオーネ

■小さな子供のための特別な脱毛法(ハイパースキン法)

■敏感肌のお子様でも脱毛することが可能

■夏の紫外線を受けた肌でも脱毛可能

■3週間から4週間で1回通える

■保護者の方も脱毛体験できて安心納得

■子供でもほぼ痛みを感じない

■安心のドクターサポート付き

■全国120店舗で通いやすい

■脱毛可能年齢 ■全身脱毛コース ■体験価格 ■店舗数
3歳~ 18万円~(年齢により変化) 7,560円(税込) 120店

■光脱毛やレーザー脱毛と違う小さな子供向けに開発された特別な脱毛法のハイパースキン法で脱毛を行う敏感肌専門 脱毛サロン ディオーネ。新発想のハイパースキン法による脱毛は毛の種にアプローチするので痛みをほぼ感じない脱毛法なんだそうです。通常成長期のムダ毛を脱毛しますが、ハイパースキン法は休止期の発毛因子にアプローチして脱毛するため従来のレーザー脱毛のような痛みない!!

 

3歳から脱毛可能な安心の脱毛法で敏感肌のお子様でも脱毛することが可能。また、子供は注意していても夏になるとどうしても日焼けしてしまうものです。一般的な脱毛法は、黒い部分に反応して脱毛するため日焼けは肌トラブルの原因になるため注意が必要です。しかし、ハイパースキン法は毛の種にアプローチするので日焼け肌でも施術可能な脱毛法なのでよく日焼けしてしまう子供でも安心です。

■7歳から脱毛できる

 新感覚脱毛専門サロン【エピレ】

■初めての方限定 エピレのおすすめファーストプランが豊富

■全額返金保証あり

■期限なし保証

■サロン移動OK

■入会金なし、パーツごと明確料金

■脱毛可能年齢 ■全身トータルプラン 8回 ■両脇脱毛6回 ■店舗数
7歳~ 229,800円 500円 11(閉店統合予定は除く)

■肌にやさいしいオリジナルのマシンを使用しており7歳から脱毛可能です。子供なので脱毛時の痛みなどちょっと心配。そんな方にキッズ脱毛でおすすめのお試しプランは『19部位から選べる2ヶ所脱毛プラン 初回限定980円』『両ワキ脱毛6回 初回限定500円』。両ワキ脱毛の1回のコース時間の目安はたったの8分。脱毛したいけど不安。何な方はまずはワキから!!

■12歳から脱毛できる

 脱毛ラボ【Datsumou Labo】

■最先端S.S.C.脱毛

■独自の冷却クーリング機能で「痛くない!」

■効果がなければ全額返金制度

「返金保証」はもちろん「お客様キャッシュバック制度」も充実

■ドクターサポート全額保証

■脱毛可能年齢 ■スピード全身プラン ■月額制お試しプラン ■店舗数
12歳~ 109,760円(6回) 1,990円 59店舗

■エステサロンで初めて月額定額制をスタートしたことでも有名な脱毛ラボ。通常エステサロンの多くは16歳程度からとなりますが、脱毛ラボでは最先端S.S.C.脱毛で痛みが少く、保護者同伴であれば12歳から脱毛可能なサロンです。施術には期間を回数はかかりますが、月額制の格安プランは学生でもバイト代で支払いできるレベルの価格設定になっています。

 

 

冬の脱毛はおすすめ!冬に脱毛を開始するメリット!!

読了までの目安時間:約 7分

冬の脱毛はメリットが沢山

脱毛といえば、人気の季節は夏!夏は肌の露出が増えるファッションが多く、ムダ毛が気になる時期であるため、夏に脱毛を行う方はやはり多い傾向になります。

 

でも・・・。

脱毛を開始するなら秋・冬からスタートする脱毛もメリットがありおすすめです。脱毛を始めると脱毛期間中、脱毛の前後には注意すべき点が幾つかあります。脱毛後は肌が敏感になっているためです。

 

★脱毛施術実施中に注意すべき点★

◎肌へダメージがあるムダ毛処理はなるべく避けたほうが良い。

◎紫外線などの刺激も避けるほうが良い。

◎脱毛部位にはできるだけ何も塗らないほうが良い。 など

 

脱毛施術時に注意するべき点を上げさせて頂いたのは、これらのポイントから冬に脱毛を始めるメリットがあるためです。その理由ついて下記で紹介します。

 

脱毛は毛周期に合わせて、何度も施術を行わなければならないため、脱毛完了までには時間のかかるものです。その為、春から始めると夏までにムダ毛が気にならないレベルまで脱毛するのは難しい所があります。秋・冬なら時間があるため脱毛に有利です。

 

その他、脱毛に興味が高まる夏に比べ、脱毛サロンや脱毛クリニックなどでは冬は予約が取りやすくスケジュールが調整し易いと言ったメリットがあります。

 

 

肌へダメージがあるムダ毛処理脱毛中は減らしたほうが良い

脱毛サロンや家庭用脱毛器などは光脱毛(フラッシュ脱毛)、そして医療クリニックによる脱毛は医療レーザーを用いる脱毛方法が主流になってきています。

 

これらの脱毛方法は、黒色(メラニン色素)に反応する波長の光で毛根にある毛乳頭を破壊することでムダ毛を処理しています。照射した光やレーザーはメラニンに反応すると熱を出します。脱毛の施術によって肌の水分が奪われてしまい、軽いやけどの状態になっています。その為、肌のバリア機能が弱まっておりとても乾燥しやすい状態です。脱毛後には保湿が大切といわれているのはこのためです。

 

 

脱毛は毛周期に合わせて施術することが大事であるため、1か月~2か月程度、間隔をあけて処理をするのが一般的です。その為、脱毛中にも自己処理は必要になってきます。でも、この期間中は毛抜きは厳禁。毛抜きを行ってしまうと毛根がなくなってしまい脱毛処理の際に効果がなくなってしまいます。

 

その為、脱毛期間中はカミソリやシェーバーを使用した自己処理が一般的ですが、これらの処理は、どうしても肌へダメージを与え乾燥の原因になるのでできるだけ回数は少ない方が肌トラブルを回避できます。脱毛期間中は肌が敏感になっており、普段より刺激を避けることが大切です。

 

秋や冬のファッションは長袖などで肌の露出が少ないため、無理にムダ毛処理を行わなくても目立たないためムダ毛処理の回数を減らすことが可能です。しかし、夏場のファッションは肌路露出が多くムダ毛が生えてくると処理しなければならないため、ムダ毛処理の回数を減らすことがむつかしいですよね。秋や冬に脱毛を開始すると、個人差はありますが夏ごろには一定の効果が見られるため、夏のムダ毛処理の回数を減らすことも可能になってきています。

 

こういった点は秋や冬に脱毛を開始するメリットと言えます。

 

 

脱毛中は紫外線にも要注意!

脱毛処理は技術は向上しており肌負担は少なくなってきているものの、光やレーザーを当て脱毛を行っているため、施術後は肌が敏感になっており、乾燥しやすい状態です。その為、肌への刺激はできるだけ抑える必要があります。

 

おそらく、脱毛施術後は紫外線には注意するようにいわれると思います。普段より肌が紫外線の影響を受けやすく、シミやそばかすや色素沈着などの肌トラブルリスクが高まっています。また、脱毛はメラニン色素に光を照射する方式が現在の主流です。その為、肌が日焼けしてしまうと日焼けによってできたメラニン色素に光が反応し脱毛効果が低くなってしまう悪影響があり、十分な脱毛効果を得ることができなくなることもあります。

 

その為、脱毛期間中は紫外線に対しては注意が必要です。

夏は1年の中でもっとも紫外線の多い時期です。それに比較し、秋や冬は紫外線量が減ってくる時期なので脱毛を開始するには、紫外線量の面からみるとても向いていると言えます。

 

また、夏に比べると長袖など肌を隠す衣類が多く、紫外線から肌を守りやすいといった状況も紫外線に対するメリットといえます。

 

 

 肌への刺激になるものは避けた方がいい

脱毛中の肌はとても敏感になっています。顔脱毛などでも絶対にNGというほどではありませんが、できるだけメイクはしない方が良いと言われます。

 

脇脱毛を行っている方は、制汗剤は使ってはいけないとカウンセリングや脱毛中に説明があると思います。制汗剤は、毛穴を収縮させて汗の分泌を抑えるもの。この状態は脱毛がしにくくなる。そして、制汗剤に含まれる成分が毛穴に黒ずみを残してしまう原因になったり、色素沈着を招く可能性もあるそうです。

 

また、制汗剤は清涼感を与える成分などを含んでいたり肌の刺激になることもあります。脱毛中の肌はとても敏感なので、炎症や肌トラブルの原因になってしまうことも。

 

夏には脇汗、においが気になるといった理由から制汗剤を使用する人が増える時期です。この時期に脱毛を行っていると制汗剤が使用できないため困ってしまいます。冬であれば服で温度調節をすることで脇汗をあまりかかないように対応することもできるため夏よりは心配が減ります。こういった点も冬脱毛のメリットの一つです。

 

 

 

 

なぜ、脱毛の効果を実感できるには時間がかかる!?

読了までの目安時間:約 5分

脱毛は1回で終わらない!

脱毛サロンや脱毛クリニックのプランを見ると全身脱毛〇〇回といったプランを目にします。初めて脱毛を行うときに多くの人が持つ疑問です。無料カウンセリングなどに行くとその理由などの説明を行ってくれます。

 

では、なぜ脱毛を完了するには複数回かかり、そして施術を行うのに間隔が必要なのか?それは、毛には毛周期というものがあります。大きく区別すると成長期、退行期、休止期の3つの段階があります。

詳しい説明はこちら⇒脱毛と毛周期

 

最近人気の脱毛法である光脱毛やレーザー脱毛は、この3つの成長段階で成長期のムダ毛を脱毛することができる施術になります。成長期にあたる毛は、全体の20%程度といわれています。その為、レーザー脱毛や光脱毛を行っても、全体の2割程度しか脱毛効果を得ることができないことになります。その為、1度の施術が完了しても、毛周期に合わせて、一定期間ごとに成長期となる次の毛を処理を処理していく必要があります。

 

 

脱毛処理は部位によって効果が得られる期間が違う!

脱毛には毛周期に合わせて脱毛することが大切と前述しました。

毛周期は部位によって違いがあります。個人差はありますが、一般的には生え変わりは下記のように言われています。
★体毛の毛周期★

髪の毛・・・抜けると約4ケ月程度で新たに生える
わき毛・・・抜けると約4ケ月程度で新たに生える
Vライン・・生え変わりは約4ケ月程度
手・・・・・成長期の期間は約3か月~半年程度
足・・・・・成長期の期間は約3か月~半年程度

毛周期が違うということは施術の部位によって適切な脱毛間隔が変わります。これは、一般の人ではあまり知られていないため、効果的な脱毛間隔についてカウンセリングなどで確認するといいでしょう。しかし、最近では特定部位のみの脱毛という方法もありますが、全身脱毛をまとめてする方が費用的に安くつく場合が多く、複数個所の脱毛を行うなら全身脱毛を行った方がよい場合があります。その場合は、サロンやクリニックによって多少違いがありますが、一般的に2ケ月程度の間隔をあけて脱毛を行うのが効果的だといわれています。しかし、脱毛を開始し始めた時の脱毛終盤など状況に応じて適切に間隔をあける方が効果的な場合があります。脱毛初期は間隔が短く、脱毛終盤はちょっと長めの方が効率的です。

 

脱毛効果が実感できるのも部位別に違いがある!

脱毛は毛周期があるため部位別に違いがある、意外にも部位別に違いがあるものがあります。

それは脱毛の効果。

 

ムダ毛が減ったなと脱毛効果の実感しやすい部位は、脇や、VIOラインなどの、毛の色が濃く太い部分です。逆に効果の実感しにくい部位は背中や二の腕、胸やお腹の部位などの、毛質が細く色味の薄い毛が生えている部位です。

 

脱毛効果がでる回数も部位別に違いがある!

脱毛に要する回数も部位別に違いがあります。

 

最近人気の高まっているVIOラインや顔といった部位は、どこまで脱毛したいかにもよりますが、完全にツルツルにしたいなんて方は、他の部位と比べ回数を必要とする場合が多いようです。

 

例えばIラインは、かなり黒ずみが強い部位です。光脱毛やレーザー脱毛は黒い部分へ光を照射する脱毛です。その為、黒ずみがあると脱毛効果が悪く他の部位より時間を要する場合が多いといわれます。

 

また、顔は産毛の多い箇所です。産毛は薄いため光脱毛やレーザー脱毛では毛に反応しにくいという状況があります。その為効果的に脱毛を行ない。そして、顔は皮膚もとても薄くてデリケートであり、凹凸などがあり脱毛しにくいため施術には細心の注意が必要です。こういった要因で顔脱毛は他の部位より回数を要することが多いと言われます。

 

 

 

 

脱毛 おすすめ ランキング等
人気記事
カテゴリー
最近の投稿
銀座カラー キャンペーン中
最近のコメント
アーカイブ
タグ
メタ情報